世界の絶景!アンテロープ・キャニオンへ

私には、死ぬまでに絶対見たい世界の絶景が3つあります。カナダのイエローナイフのオーロラとエジプトのカイロのピラミッド。そして、アメリカのアリゾナ州にある、アンテロープ・キャニオンです。アンテロープ・キャニオンは、ネイティブアメリカンの聖地として守られ、その姿は、神々しく、何にも形容し難い美しさがあります。今回、両親のラスベガス旅行の付き添いとして、アメリカのラスベガスへ行くことになり、良い機会だと思い、ラスベガス旅行中に、アンテロープ・キャニオンへ行くことにしました。両親は、ラスベガスでショーを見るのを楽しみにしていましたが、アンテロープ・キャニオンのことを教えると、喜んで賛成してくれました。年配の両親のことを考え、日程的に無理のない、宿泊付きのツアーで、グランドキャニオンにも行けるオプショナルツアーに申し込みました。朝7時にラスベガスを出発し、休憩やランチをしながら、アンテロープ・キャニオンへ向かいました。お昼過ぎに、到着し、アッパーアンテロープキャニオンをじっくり観光することができました。ハリケーンなどの、厳しい雨風に晒されてできた、自然の造形美に父も母も、私もただただ、感動していました。忘れられない、景色になりました。両親も本当に来て良かったと言ってくれました。夕方、ホテルに着き、ゆっくり休んで、翌日グランドキャニオンに行き、無事ラスベガスへ帰りました。無理のない行程で、両親にも満足してもらえ良かったです!

世界の絶景!アンテロープ・キャニオンへ

アンテロープ・キャニオンの写真を雑誌で見た時、本当に自然にできた景色とは、思えない程に驚きました。何百万年をかけて、風化と水の浸食によって造られた、なだらかな曲線の岩やその中に差し込む光に感動しました。絶対に、いつか行きたいと思い、今年、やっと念願叶って行くことができました。せっかく行くのなら、 アンテロープ・キャニオン のアッパーもロウアーも楽しみたいと思い、両方から観光できるオプショナルツアーに申し込みました。発着がラスベガスだったので、まず、ラスベガスへ向かいました。着いた翌日は、ラスベガスでのんびり過ごしました。そして、いよいよ出発の朝。朝というか、深夜の2時30分にアンテロープ・キャニオンに向けて出発しました。8時頃アンテロープ・キャニオンに到着し、まずロウアーから見学しました。岩の割れ目の中を、ガイドさんについて、下へ下へ、降りて行きました。冒険をしているようで、ワクワクしました。その後、ホース・シューベントに立ち寄り、アッパーの見学をしました。運良く、幻想的なハイビームを見ることができました。私は、やはり定番のアッパーの方が感動しました。どこか次元の違う空間に迷い込んだような不思議な気持ちになりました。個人旅行では、なかなか難易度の高い場所だったので、オプショナルツアーを利用して良かったです。

飛行機でアンテロープ・キャニオンまでひとっ飛び!

主人がカジノが好きで、よくラスベガスへ旅行をしています。せっかく、ラスベガスへ行くのだからと、ラスベガスに行く際は、グランドサークルの国立公園を訪れることにしています。3年前にラスベガスを訪れた際に、グランドキャニオンへ行ったので、今回は、アンテロープ・キャニオンへ行くことにしました。あまり車での長旅が嫌いな主人の要望で、飛行機でのオプショナルツアーに申し込みました。飛行機であれば、アンテロープ・キャニオンまで、片道80分程度で行けるのが魅力でした。ツアー自体も、15時頃にはラスベガスへ戻れるので、夜のラスベガスを楽しむことができます。朝5時頃出発し、ホース・シューベントを経由し、アンテロープ・キャニオンへ。今回申し込んだ、オプショナルツアーは、ロウアーの方でした。地面の隙間にある、階段を降りて行くうちに、どんどん、幻想的な砂岩の洞窟が広がり、その景観に圧倒されてしまいました。以前訪れた、グランドキャニオンでは、眺めるだけだったので、今回は、より近くで感じられ、印象に強く残りました。次回は、是非、アッパーの方の観光をしたいなと思いました。キラキラ輝く、ラスベガスの街が旅行のメインですが、日帰りのオプショナルツアーで、全く違うアメリカの大自然に触れられるのは、ラスベガス旅のいい刺激になっています。